営業時間:9時~19時

自律神経失調症・うつ・パニック障害は整体で改善します

【寝不足】膀胱炎になってしまいました

岡部あや
WRITER
 
膀胱炎
この記事を書いている人 - WRITER -
岡部あや
大手化粧品メーカー勤務中にカウンセリングの世界に出会う。 カウンセリングや精神分析の研究をしながら、精神と体の両方へのアプローチをしながら整体を行うことが原因不明の不調が改善する近道だと感じ、院長と共にカウンセリング技術と自律神経調整法を開発し、日々研鑽に勤めている。
詳しいプロフィールはこちら

寝不足が続き、膀胱炎になってしまいました

先々週から
トイレに行くたびに、
ひどい痛みがするようになりました。

おしっこが出きりそうな時に
ズキッとする痛みが尿道のあたりに
感じます。

そうするとその痛みが膀胱や子宮に
まで広がるので、本当につらいのです(涙)

どうして膀胱炎になるの?

私の場合は、子育てによる
寝不足が二週間ほど続いていました。

また、仕事のことで考えることが
あり十時にいったんは寝るのですが
深夜二時に起きて、
目がさえるので家事をしたり・・・

そんな生活を続けていたら
すっかり免疫力も落ちてしまい
膀胱炎になってしまいました。

泌尿器科にかかると
自己管理がすべての病気です」と
医師の方から言われ
納得してしまいました。

自己管理がすべて

どうしても子育てをしていると
自分の体調は後回しになりがち
ですね

自己管理がすべてと言われても
どうしても忙しくて自分を労われきれない
ことがあると痛いほど感じました。

そんなとき、
プロテインが強い味方になってくれます。

タンパク質が足りていないと

髪の毛や肌に弾力がなくなる
集中力がなくなる
胃が痛くなる
疲れているのに眠れない

などの症状が起こります。
おかべも最近は髪の毛がぱさぱさしていて
ほぼ不眠症でした。

忙しくてタンパク質を意識した
食生活なんて送っていませんでした。

薬を服用しながら
プロテインを飲み、
甘いものを一切取らず、なるべく歩くように
してからは不眠が全くなくなりました。

水分もかなり多めにとるように
しています。

そうすると、薬を一回飲んだ後からは
排尿痛が起こらなくなりました。

膀胱炎は何度もなる可能性が
ある病気です
忙しい毎日ではありますが
日々の小さなアクションで
予防をしていきましょうね

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
岡部あや
大手化粧品メーカー勤務中にカウンセリングの世界に出会う。 カウンセリングや精神分析の研究をしながら、精神と体の両方へのアプローチをしながら整体を行うことが原因不明の不調が改善する近道だと感じ、院長と共にカウンセリング技術と自律神経調整法を開発し、日々研鑽に勤めている。
詳しいプロフィールはこちら