営業時間:9時~19時

自律神経失調症・うつ・パニック障害は整体で改善します

自律神経の乱れ:姿勢の悪い人は胃が悪くなる

岡部義昭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
岡部義昭
自律神経失調症やパニック障害、うつ病の専門家。 心臓が飛び出そうなほどの動悸のクライアントをその場で改善させるなど高度なテクニックを駆使した整体方法を確立している。不眠症の人さえも整体中は眠ってしまうほどに、心地よくソフトな整体技術であるが、確実に症状を改善させているひどいうつ症状を何十年も患ったクライアントを数ヶ月で改善させ、 社会復帰させる実績が多数あり。
詳しいプロフィールはこちら

四十肩の名前の由来を知っていますか?

始終、肩が痛いので本来ならば始終肩と
書くべきなのですが、いつのまにか四十肩と
誤って表記されるようになったそうです。

当院には、肩の痛みを訴えてくるかたが
いらっしゃいますが、そのほとんどの人に
ある共通点があります。

それは、胃の痛みも持っていることです。
これは偶然ではありません。
胃の痛みは食生活の乱れだけが原因では
ないのです。

では、どうして肩の痛みと胃の痛みがリンクしているのでしょうか?

それは姿勢が悪くなると胃を圧迫するからなのです。
先日、ある男性が訪れました。
この男性は五十肩で苦しんでいて胃も痛いとおっしゃっていました。

寝てもらうと、左肩がマットから浮いているのです。
つまり、左肩が前に入り込んでしまい
胃を圧迫する姿勢で毎日を過ごしているのです。

ある人は肺を圧迫していて、
空咳がでると訴えていました。

このような症状の場合は、
整体で姿勢を正すことができますので
簡単に対応できます。

原因をしっかり探し当てることが
改善の近道だと実感する出来事でした。

この記事を書いている人 - WRITER -
岡部義昭
自律神経失調症やパニック障害、うつ病の専門家。 心臓が飛び出そうなほどの動悸のクライアントをその場で改善させるなど高度なテクニックを駆使した整体方法を確立している。不眠症の人さえも整体中は眠ってしまうほどに、心地よくソフトな整体技術であるが、確実に症状を改善させているひどいうつ症状を何十年も患ったクライアントを数ヶ月で改善させ、 社会復帰させる実績が多数あり。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA