営業時間:9時~19時

自律神経失調症・うつ・パニック障害は整体で改善します

【パニック障害】飛行機で出張もできるように

岡部あや
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
岡部あや
大手化粧品メーカー勤務中にカウンセリングの世界に出会う。 カウンセリングや精神分析の研究をしながら、精神と体の両方へのアプローチをしながら整体を行うことが原因不明の不調が改善する近道だと感じ、院長と共にカウンセリング技術と自律神経調整法を開発し、日々研鑽に勤めている。
詳しいプロフィールはこちら

30代 男性 立川市

こんにちは、今日はKさんの改善例をご紹介します。Kさんはある会社の営業マンです。全国を仕事で回っているのですが、去年飛行機に乗っているときに非常に息苦しくなりそれ以来、電車やバスに乗るときも不安感が出るようになりました。

インターネットで検索し、自分がパニック障害なのだと思い病院に通い薬も飲んでいますが、あと一か月に迫った海外出張を自信を持っていきたいと思いおかべに来てくれました。

Kさんは、背骨と頸椎のゆがみを取ることと内臓調整によって長時間飛行機に乗ってもパニック症状が出ませんでした。

どんな整体をしたのか?Kさんはどんな行動をとったのか?を詳しく書いていきます。

おかべ

Kさんの【パニック障害】の症状とは?

Types of scoliosis medical anatomical vector illustration diagram with spine curvatures compared with healthy back bone. Back view female with labels.

会議など逃げられない場所にいると非常に緊張し、ひどい時は「死んでしまうんじゃないか?」と感じることが時々ありました。会議があるごとに、「またあんなふうになったらどうしよう」と思うようになりました。飛行機もそうです。

このような症状は予期不安と言います。

おかべ

頸椎と背骨の歪みを取ることでパニック障害は解決する

パニック障害は、延髄にある機能が過敏に反応することで起こっている症状だと言われています。パニック障害まとめ記事に詳しく掲載されています。

延髄は伸びて首の骨の間を通っています。上の図の赤丸で囲んだ部分が延髄が骨に囲まれている部分です。頸椎の歪みがあると延髄の働きが阻害され、パニック障害になりやすいとおかべは判断しています。実際に予期不安や広場恐怖症で悩む方は首や背骨のいづれかに歪みがあります。

おかべがぼきぼきせず、痛みのない整体で首や背骨の矯正をします☆

おかべ

内臓のある場所の動きを良くするだけで緊張が解けていく

メンタルを安定させるのに大切な場所があります。それな腸です。腸管でセロトニンが多く作られるからです。セロトニンとは、メンタルを安定させる働きをするホルモンです。セロトニンが不足するとイライラしたり、落ち着かなくなったりします。

セロトニンについての記事も読んでください。

当院では腸の動きを快適にする整体を行います。整体が終わった後にぐるぐると腸が動き出すのがわかる人もいるくらいです。

飛行機に長時間乗っても発作が出なかった

「先生、十四時間のフライトでしたが、全く発作が出ませんでした!」先日、うれしそうに当院に来て教えてくれました。Kさんは先日昇進したそうです。ただ、Kさんは出張の時に工夫をしていました。

  • フライト中は寝るように心がけた
  • 通路側の席を確保し、動きやすいようにしていた
  • フライト前にパニック障害の薬を飲んでいた

こういった準備も自信につながり、緊張感を緩和してくれます。
是非参考にしてみてくださいね!

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
岡部あや
大手化粧品メーカー勤務中にカウンセリングの世界に出会う。 カウンセリングや精神分析の研究をしながら、精神と体の両方へのアプローチをしながら整体を行うことが原因不明の不調が改善する近道だと感じ、院長と共にカウンセリング技術と自律神経調整法を開発し、日々研鑽に勤めている。
詳しいプロフィールはこちら