営業時間:9時~19時

自律神経失調症・うつ・パニック障害は整体で改善します

【祝!抗不安薬卒業】ワイパックスを飲まなくなりました

岡部義昭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
岡部義昭
自律神経失調症やパニック障害、うつ病の専門家。 心臓が飛び出そうなほどの動悸のクライアントをその場で改善させるなど高度なテクニックを駆使した整体方法を確立している。不眠症の人さえも整体中は眠ってしまうほどに、心地よくソフトな整体技術であるが、確実に症状を改善させているひどいうつ症状を何十年も患ったクライアントを数ヶ月で改善させ、 社会復帰させる実績が多数あり。
詳しいプロフィールはこちら
「先生、ワイパックスをやめても良いってお医者様に言われたんですよ!」

今日は50代の男性Fさんの話を書きます。Fさんは20代のころから動悸がひどく落ち込みや不安感が夕方になると時々出ていました。

ただ当時はうつという病気は今ほど認知されていなかったので、「なんともないですね」と診断され何の手も打たなかったそうです。そして四十代になった時に徐々にまた不安感がひどくなり抗不安薬を飲みながら会社に行っていました。

そして数年前、腰痛や背中の痛みがひどくなったとともに精神的な落ち込みも深刻になりとうとう会社を休むことになりました。そんなFさんが言ったのが冒頭の言葉です。

何年も飲み続いた抗不安薬のYパックスを卒業できることになりました!

おかべ

今日は長年飲んでいたワイパックスをやめれる状態になったプロセスをFさんに伺いおかべがまとめてみました。

ワイパックスってどんな薬なの?

抗不安薬(精神安定剤)です。気分をリラックスさせたり、筋肉を弛緩させるお薬です。ロラゼパムとも呼ばれることもあります。

緊張感を和らげてくれるお薬ですね。

おかべ

おかべに来る患者様も服用している方が多いポピュラーなお薬です。

ワイパックスの副作用は?

重い副作用はめったに見られない安全なお薬ではありますが、まれに眠気やだるさ、倦怠感がでることがあるそうです。(引用:おくすり110番

当院の患者様で多いケースですが、長年服用しているとお薬をやめる時に苦労することがあります。例えば、いらいらや不安感が強まってしまったりする人もいます。ただ、徐々に減らせば大丈夫なことが多いです。

何年もワイパックスを飲んでいたFさんの場合

先日Fさんに聞いてみたところ、ワイパックスを飲まなくなったことで体調が悪くなってしまったことが全くないそうです。逆に飲まなくても全然不都合がなく、拍子抜けしてしまったそうです。

患者様の中には、漫然と薬を飲んでいる人が少なからずいておかべから「お医者様に現状を説明しなおして薬を減らしたいと相談しても良いのでは?」と話し合うことがあります。

Fさんもおかべに通って二か月ほどでかなり不安感や焦りが楽になったので、薬の量を減らすことを相談された結果ワイパックス卒業となりました。

二か月ででうつを改善させたFさんが家でやったこと

Fさんに行った整体についてはこちらをご覧くださいね。

おかべ

Fさんが二か月で三十年近く悩んでいた焦りや不安感、落ち込みの症状を克服したのはおかべの整体だけではなく、家でも行ってくれたことがあったからです。

  • 筋トレ
  • 発酵食品
  • 朝の散歩

この三つを行ってもらいました。もちろん毎日でなくても大丈夫。

おかべ

  1. Fさんは筋トレを週に2回から3回二十分程度行ったそうです。
  2. 発酵食品もやはり週2回から三回程度、ヨーグルトやお味噌汁、納豆などをかわるがわる食べてくれました。
  3. 朝の散歩は仕事もあるので週に一回から二回程度行ったそうです。

この三点をおこなうことである物質が体や脳内で作られます。それは
セロトニンです。

気持ちを落ち着かせてくれる物質って?

セロトニンとは気持ちの安定をもたらしてくれる物質です。主に脳や腸で作られるもので、うつはセロトニンが欠乏していることが原因の一つで引き起こされると言われています。

Fさんがやってくれたことはとにかくセロトニンを増やす!ことで、整体との相乗効果が素晴らしく短期での不安感や焦りの解消につながりました。

Fさんは月曜日は筋トレ、火曜日は納豆を食べる・・と言ったように習慣化してしまったそうです。

おかべ

おかべと一緒にうつや不安感や焦りを楽にしよう!

Fさんはこうも言ってくれました。
「おかべ先生のところに行くときに良い報告をしたいと思って、意思が本当に弱い自分でも習慣化することで何とか継続できました」

習慣化してしまうまでに三週間はかかると言われています。

おかべ

でも、やっぱり一人ではできないよ・・・。と言う方はぜひおかべに来てくださいね。まずは整体を受けて内臓の動きを良くすることや骨格を整えることでもかなり緊張感や焦り、動悸が良くなりますよ!

ご予約はこちらからどうぞ!

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
岡部義昭
自律神経失調症やパニック障害、うつ病の専門家。 心臓が飛び出そうなほどの動悸のクライアントをその場で改善させるなど高度なテクニックを駆使した整体方法を確立している。不眠症の人さえも整体中は眠ってしまうほどに、心地よくソフトな整体技術であるが、確実に症状を改善させているひどいうつ症状を何十年も患ったクライアントを数ヶ月で改善させ、 社会復帰させる実績が多数あり。
詳しいプロフィールはこちら