営業時間:9時~19時

自律神経失調症・うつ・パニック障害は整体で改善します

【幸せになる心理学】過去と未来さえも変える技術2

岡部あや
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
岡部あや
大手化粧品メーカー勤務中にカウンセリングの世界に出会う。 カウンセリングや精神分析の研究をしながら、精神と体の両方へのアプローチをしながら整体を行うことが原因不明の不調が改善する近道だと感じ、院長と共にカウンセリング技術と自律神経調整法を開発し、日々研鑽に勤めている。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは
今日からとうとう八月ですね

おかべは息子たちの食事作りに
大わらわです!

さてさて、
前回から書いている「過去を変える方法」に
ついて書いていきます

今の自分に集中する

前回の続きです

「あの時、ああだったならと
考え出すと止まらなくなる」と
話す人がいます

それは、「今、この時」に
集中できていない証拠です
私は、今現在の自分に
集中するために
断食をしたりします

断食をしているときは
空腹の自分に意識が向くので
過去のことや嫌な出来事に
注意が向きません

いつの間にか忘れてしまうこと
うけおいです。トライする価値がありますよ

自分を受け入れる

また、自分を受け入れる作業を
繰り返していきます

受け入れるにはリフレーミングが
必要です

リフレーミングとは
視点と言い方を変えること

例えば
動作がのろい→しっかりと確実に行う

のような感じです。

リフレーミングはトレーニングが必要なので
毎日やっていくことが重要です

私は、何年も毎日毎日
ネガティブワードが頭をかすめると
さあ、どうやって見方を変えれるかな?
と考えています

これを繰り返していくうちに
段々と卑下した思考スパイラルから
抜けてくることが実感できます

過去をもリフレーミングする

ここまで出来たら簡単です

過去の出来事もリフレーミングしていきます

〇あんな失敗がなかったら自分は
良くなっていた
→〇あの出来事があったから
今の自分がある

〇あのときあんな失敗をしなかったら
→〇あの失敗があったからこそ
傷ついた人の気持ちがわかる

ゆっくり徐々に表れる変化

リフレーミングは一朝一夕で
変化は現れません
じっくりゆっくり取り組んで
自分を変えていきましょう

ゆっくり味わいながら進むほどに
確実な変化を手に入れることができますよ

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
岡部あや
大手化粧品メーカー勤務中にカウンセリングの世界に出会う。 カウンセリングや精神分析の研究をしながら、精神と体の両方へのアプローチをしながら整体を行うことが原因不明の不調が改善する近道だと感じ、院長と共にカウンセリング技術と自律神経調整法を開発し、日々研鑽に勤めている。
詳しいプロフィールはこちら