営業時間:9時~19時

自律神経失調症・うつ・パニック障害は整体で改善します

【うつ】気分の落ち込みを薬を使わず解消する簡単な方法

岡部あや
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
岡部あや
大手化粧品メーカー勤務中にカウンセリングの世界に出会う。 カウンセリングや精神分析の研究をしながら、精神と体の両方へのアプローチをしながら整体を行うことが原因不明の不調が改善する近道だと感じ、院長と共にカウンセリング技術と自律神経調整法を開発し、日々研鑽に勤めている。
詳しいプロフィールはこちら

「もうこれ以上、薬を飲みたくありません」
「薬を服用しないで、うつを良くしたり、
気持ちの落ち込みを防ぐ方法はないですか」
「簡単で続けやすいものを教えてください」

こんにちは、おかべです。
毎日のように、このような質問を投げかけられています。

もちろんあります。

食事の改善や運動などたくさんありますが、
多くの人はご紹介したところでなかなか長続きしません。
ああ、意志が弱いなあと落ち込む人さえいます。

今回、ご紹介する方法は、
〇簡単
〇毎日やらないで良い
〇腰痛にも効果がある
〇速く走れるようになる
とてもお勧めのエクササイズです。

毎日やらずに、週2回から3回で良いので
続けられない自己嫌悪とも無縁でいられます。

まず、この動画をご覧ください

〇ケトルベルをいうダンベルを使っています
〇初心者は3キロから4キロで初めてくださいね
〇週に2回から3回でOKです
〇ケトルベルを床につけないでください
〇10回×3セット行ってください
〇10回連続して行ったら、必ず10秒ほど休んでください

どうして下半身トレーニングなのか?

セロトニンを増やすためには筋トレが有効 セロトニンというホルモンを知っていますか?
セロトニンが不足すると、イライラ・不安・焦り・落ち込みが
出てきます。

つまり、うつになってしまいます。

そこでセロトニンの出番になります。

セロトニンは
筋肉を鍛えることで増えていくと言うことがわかっています。

今回の動画では、下半身トレーニングにフォーカスを
おいています。それには理由があります。
全身の筋肉は下半身に7割集中しているからです。
つまり、下半身を鍛えることで効率よく
セロトニンを増やすことができるのです。

繰り返しますが、毎日行う必要は
ありません。
やる気のある人や焦っている人は
毎日行いたがりますが、これはいけません。

筋肉は休んでいる間に大きくなります。
休息をとることで効率よく筋肉が育ちます。

実際に行った人の感想

〇トレーニングを行った次の日はとても体がすっきりし、
気持ちも違います。
落ち込みが楽になった気がします。

〇うつの防止のために行ったのですが
腰痛が楽になりました。

〇気持ちが前向きになってきました。
職場に復帰したい気持ちが高まってきました。

いかがでしょうか?
実際にこのトレーニングを行って
くれたのは当院の患者様たちです。

私自身も患者様たちの筋肉がついてきたのと
比例して、気持ちが前向きになって言葉が
違ってきたなと感じることがあります。

目に見えないのですが、
セロトニンが増えているのだと
実感しています。

あなたもイライラや落ち込みから解放されて
毎日を快適に過ごすために
トレーニングをともに頑張りませんか?

実行した多くの人が結果を手に入れている
お勧めのトレーニングです。

この記事を書いている人 - WRITER -
岡部あや
大手化粧品メーカー勤務中にカウンセリングの世界に出会う。 カウンセリングや精神分析の研究をしながら、精神と体の両方へのアプローチをしながら整体を行うことが原因不明の不調が改善する近道だと感じ、院長と共にカウンセリング技術と自律神経調整法を開発し、日々研鑽に勤めている。
詳しいプロフィールはこちら