営業時間:9時~19時

自律神経を整体で整えて人生を変えよう

うつとパニック障害:薬とアルコールの関係

岡部義昭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
岡部義昭
自律神経失調症やパニック障害、うつ病の専門家。 心臓が飛び出そうなほどの動悸のクライアントをその場で改善させるなど高度なテクニックを駆使した整体方法を確立している。不眠症の人さえも整体中は眠ってしまうほどに、心地よくソフトな整体技術であるが、確実に症状を改善させているひどいうつ症状を何十年も患ったクライアントを数ヶ月で改善させ、 社会復帰させる実績が多数あり。
詳しいプロフィールはこちら

「先生、薬とお酒を同時に飲まなきゃ大丈夫ですよね?」

先日、患者さまに言われて驚きました。
つまりは、一緒に飲まなければ大丈夫だと思われている
節があったからです。

僕の答えはNOです。同時でなくても肝臓にアルコールが残っている
状態にさらに薬がはいってくると肝臓にさらに負担がかかるから、
というのが一つの答えです。

肝臓に負担がかかるともちろん機能が落ちてきます。
機能が落ちるとどうなるのか?
だるくてたまらない、寝ても寝ても寝足りないという状況に陥ります。

もう一つは、飲み合わせの問題です。
例えば、血圧の薬とアルコールを飲んでいると
副作用が前面に押し出されます。
めまいやふらつきを引き起こす可能性があります。

この記事を書いている人 - WRITER -
岡部義昭
自律神経失調症やパニック障害、うつ病の専門家。 心臓が飛び出そうなほどの動悸のクライアントをその場で改善させるなど高度なテクニックを駆使した整体方法を確立している。不眠症の人さえも整体中は眠ってしまうほどに、心地よくソフトな整体技術であるが、確実に症状を改善させているひどいうつ症状を何十年も患ったクライアントを数ヶ月で改善させ、 社会復帰させる実績が多数あり。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 自律神経失調症専門整体院おかべ , 2016 All Rights Reserved.