営業時間:9時~19時

自律神経失調症・うつ・パニック障害は整体で改善します

【発達障害】発達障害を軽減する整体を考える2

岡部あや
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
岡部あや
大手化粧品メーカー勤務中にカウンセリングの世界に出会う。 カウンセリングや精神分析の研究をしながら、精神と体の両方へのアプローチをしながら整体を行うことが原因不明の不調が改善する近道だと感じ、院長と共にカウンセリング技術と自律神経調整法を開発し、日々研鑽に勤めている。
詳しいプロフィールはこちら

八王子の整体院おかべです。
自律神経失調症の専門家の整体院です。

うつやパニック障害、原因不明のだるさ、動悸、息苦しさ、
集中力のなさ、直りの悪い肩こりや腰痛を整体で改善しています。

薬を長年飲んでも良くならなかった人たちが多く改善しています。
お客様の声を多く掲載しています。ご覧ください。

前回の続きです。

息子が軽度のADD(注意欠陥)の症状が
あると診断され、

〇語彙が同年代に比べ極端に少ない
〇話が聞けない
〇集中力がなく根気がない
などの症状がありましたが

整体を施していくうちに
どんどん改善していった体験を書きたいと思います。

【きっかけ】
院長が整体をやることにしたのは
彼は猫背がひどく側わん症気味だと
思ったからです。

また、手で体に触れあうことにより
皮膚に刺激を与え、セロトニンを増やし
気持ちに安定をもたらしたいと思っていました。

【どんな整体を施したいのか】

 

①背骨が右側に歪んでいますので、
その周辺の筋肉をほぐすことと

②後頭部の頭の骨の調整をしました。

後頭部の頭の骨の調整は息苦しさを
とるには必須の手技ですが
同時に頬や顔全体のこわばりをとるので
口が空けやすくなったり
顎関節症が治ったりしています。

息子は口を大きく開けて話をしないので
「ぼそぼそ」と話しています。
その結果、何を言っているのかわからないことが
多くなったので、それを改善する目的で
行いました。

③腸の動きを良くする
お腹が非常に硬く
少し押すだけでもお腹の張りがあって
痛がっていました。

腸と脳はリンクします。
情緒が落ち着かない人の多くは
腸が硬いのです。

腸を動かす整体をしたのは
情緒の落ち着きを取り戻すためです。

【時間】
週に3回ほど
一回30分ほどの時間をかけました。

一か月ほどで効果が出始めてきました。

【効果】
整体を始めてから1か月ほどたった時
精神的に安定してきたように感じました。
以前なら弟や祖母に暴言を吐いていたり
人を待つことが一切できませんでした。

また、何を言っているのかが一切
分からなかったのですが、
順序だて落ち着いて話すことが徐々に
できるようになってきたと感じました。

また、学校の漢字テストは連続で
満点を取ったり勉強にも意欲が出てきました。

次回は、整体を続けて三か月目の
様子について書きます。
来週をお楽しみに

 

この記事を書いている人 - WRITER -
岡部あや
大手化粧品メーカー勤務中にカウンセリングの世界に出会う。 カウンセリングや精神分析の研究をしながら、精神と体の両方へのアプローチをしながら整体を行うことが原因不明の不調が改善する近道だと感じ、院長と共にカウンセリング技術と自律神経調整法を開発し、日々研鑽に勤めている。
詳しいプロフィールはこちら