営業時間:9時~19時

自律神経失調症・うつ・パニック障害は整体で改善します

【発達障害】周囲の音が気にならなくなった

岡部あや
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
岡部あや
大手化粧品メーカー勤務中にカウンセリングの世界に出会う。 カウンセリングや精神分析の研究をしながら、精神と体の両方へのアプローチをしながら整体を行うことが原因不明の不調が改善する近道だと感じ、院長と共にカウンセリング技術と自律神経調整法を開発し、日々研鑽に勤めている。
詳しいプロフィールはこちら

10代 男性 八王子市

今日は発達障害のT君とのお話を掲載しています
脱線しまくりなので、ご了承ください

おかべ:
Tくん、今日はわざわざ来てくれてありがとう
あと、進学おめでとうね

Tくん:
ありがとうございます

おかべ:
今日は、いろいろ聞きたくてこの機会を
設けたんだけど、根掘り葉掘り聞きかせてもらいますね

Tくん(笑)

おかべ;うちに来たきっかけや理由を教えてもらってよいですか?

Tくん:
はい。僕は小学校・・・、大体5年生ぐらいかなあ。
小児病院に行って検査をしてもらったところ
ADHDのADDだと言われました。ADDって言うのは、注意欠陥だという意味らしく?とにかくぼーっとしているとか
うっかりミスが多すぎるとかそういうことらしいんです。

確かに、学校の先生がしゃべっていることが
頭に入ってこないんです。聞こえてはいるんだけど
意味がよくわかんない。だから、周囲が行動するのに
ただついていくようにしていました。だって、
先生の指示がわからないから。

親が心配して耳の検査をしても、なんともないと
言われるんだけど当たり前だよね。

母親があんまりにも心配して、うるさく言うから
(しっかりしなさいよなど)いつも反抗していました。
学校では友達はたくさんいたのだけど、今思えば
話がかみ合わなかったことが多かった気もします。

僕が一番めんどくさいと思うのは
「説明すること」なんです。あと、作文ね。

自分の気持ちや考えを説明することが全くできない。
感想文なんて書けなくていつも教室に残っていました。
それでも一、二行ぐらいしか書けないんです。
頭の中が止まってしまうと言うか、本当にできないんです。

おかべ:
今はこんなにすらすらと説明できるのにね

Tくん;
上手に説明できるようになりたい、恥ずかしいよと
思うようになってから頑張りました(笑)

Tくんのママ:
でもこんなにゆっくり話せたり、
集中力が出てきたり、イライラが収まったのは
先生のところで整体を受けてからなんですよ
ありがたいです

おかべ:
おかあさまの頑張られて立派です!

小学校5年生の時に言葉の教室へ

おかべ:
言葉の教室が小学校にあったんだね
言葉の教室というのは、吃音や言語能力の発達に心配がある
お子さんをトレーニングしてくれる場所で
八王子市の小学校にいくつか併設されているんだよね

Tくん:
はい。そこに行って良かったと思います。
みんなが例えば国語の授業をしているときに
抜け出して言葉の教室に行くんだけど、
すごく良かったです。

3年生ぐらいの勉強からよくわかっていなかったのを
言葉の教室の先生が理解してくれて
復習ができたんです。あと、カードを使って単語を
覚えたり・・・。あとは・・・・・、うーん・・・忘れました。

おかべ:
良い施設があるんですね。

T君ママ:
私が先生に無理やり頼み込んだんです。
ボキャブラリーが頭の中に入っていかないんです。
例えば、何回も今まで新幹線に乗っているのに
言葉の教室の先生にピクチャーカードを出されて
名前を聞かれたときに
「知らない」って答えたらしいんです。

小学校五年生で新幹線を知らないって
あるのかなあ?と心配になりました。

言っていることがよくわからないし
突然怒り出すし、意思疎通ができない。
対処の仕様がないので、学校に泣きついたんです。
トレーニングをしてくださったのでとても
ありがたかったです。

次回に続きます。
言葉が頭に入らない、集中力が続かない
状態をどのように改善していったのか?
整体がどのような助けになったのかなど
話を聞いていきます。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
岡部あや
大手化粧品メーカー勤務中にカウンセリングの世界に出会う。 カウンセリングや精神分析の研究をしながら、精神と体の両方へのアプローチをしながら整体を行うことが原因不明の不調が改善する近道だと感じ、院長と共にカウンセリング技術と自律神経調整法を開発し、日々研鑽に勤めている。
詳しいプロフィールはこちら